eekoの自己満足(1)

eeko2525.exblog.jp
ブログトップ

私流干し柿

我が故郷は愛宕柿の名産地・・・毎年干し柿を沢山頼まれるのですが~これが結構面倒・・・
と言うのも、その年のお天気次第で上手く出来たり失敗したり・・・さて、今年は上手く出来るでしょうか?
今のところキャリー4個分(約80キロを剥きました。と言っても今年は私は剥いていません。旦那がせっせと剥いてくれました。 今日は指が痛いと言ってましたぁ~^m^;)
狭い我が家には、もう干す場所も物干し竿もありませんので、今回持ち帰りました中の残り3キャリー分は、ご近所様や友人の所へお嫁入りしましたぁ~^^;
が、これが干せた頃にもう1度柿を仕入れて、作らなくては・・・欲しいと言う皆さん全員に差し上げられないのです~(-_-;)

私の作り方・・・
 ①皮を剥きます。
 ②紐の両端に柿を付けます。
  ・吊るせるように枝付きは枝に紐を結び、枝無しは穴を開けて紐を通します。
 ③熱湯に潜らせます。
 ④柿と柿が触れ合わない様に吊るします。
 ⑤数日後表面が乾けば清潔さを重視でゴム手袋をはめ揉みます。
  ・この揉む時に、両端に柿を吊るしてるので井戸の釣る瓶の要領で上げたり下げたり出来るから便利なのです。
  ・この揉みを1度しかしない方法もあるらしいけど、私はマメにする方がお色は少し黒くなるけど甘くて美味しく出来上がるように思うので何度か揉みます。
 ⑥個人的には固くなる前に(耳たぶくらいの柔らかさが好き)取り込みます。
 ⑦蔕から上を切り捨て、種がある場合は種を抜きます。
 ⑧平たく形を整え、香りの良いブランディーかワインを霧吹きで吹き付けます。
  ・チャック付き冷凍用バックに入れて保存すると場所をとらなくて良いですよ~♪
 ⑨送る場合も、そのまま冷凍保存出来るようにこの状態で送ります。
 ⑩と言う事で~もし届いた方は保存は冷凍が良いですよ~(^O^)/


渋柿が手に入る方は一度試してみませんかぁ~(*^_^*)v
ただし同じに出来る保証はありません。^^;
この愛宕柿は渋抜き用に作られた大きい柿だから上手く干せさえすれば美味しいのです。
だから評判良いのですが・・・大きい分失敗することも多いのです。(-_-;)

↓、今年も干しました♪・・・2008年12月15日
 未だこんな状態です。
f0104569_2202458.jpg

写真は一部です。二階の物干しにも吊るしています。
これから暫く管理が大変・・・(-_-;)
今冬は例年よりも暖かなので上手く出来無いかも知れません~^^;
と言う事で、楽しみに待たれてる皆さん、あまり期待しないで待っててねぇ~m(__)m

本日も質より量の下手な写真をご覧下さりありがとうございました~m(__)m
[PR]
by eeko2525 | 2008-12-15 23:55 | お役立ち